旅行

イタリアのコロッセオの入場料と歴史について知る!日本人観光客にも人気なある理由とは?

コロッセオもまた、イタリア旅行の際は非常に人気な観光地である。

【人柄を感じるなら「ソレント」も!】

今回はそんなコロッセオの入場料と歴史について触れることで、実際のコロッセオ観光をスムーズに、そしてもっと楽しめるようになろう!

1.コロッセオの歴史!

 

コロッセオ

コロッセウム(ラテン語: Colosseum, イタリア語: Colosseo コロッセオ)は、ローマ帝政期に造られた円形闘技場。英語で競技場を指す colosseum や、コロシアムの語源ともなっている。建設当時の正式名称はフラウィウス円形闘技場(ラテン語: Amphitheatrum Flavium)。現在ではイタリアの首都ローマを代表する観光地である。

引用:wikipedia

コロシアムという言葉はこの「コロッセウム」に由来していると言われている。

イタリア旅行に、ローマへ観光へ行った際は絶対に外せない!

例えば漫画「刃牙」シリーズの地下闘技場のモデルも間違いなくこのコロッセオである。

そんな男子が大好きな闘技場「コロッセオ」。

入場料と、120%楽しむ方法について解説していこう!

 ⇒【イタリア人の休日はこんな感じ!】

2.入場料!

入場料:12€(ユーロ)

2018年8月15日現在、

1€は日本にすると125.93円である。

ゆえに12€は1511.16円となり、

約1500円ということになる。

こんな良い観光地の鑑賞料が映画一本みるよりも少し安くつく。

事前のネット予約が絶対おすすめだ!

【コロッセオweb予約サイト】

(※英語表記のサイトです。ブラウザはGoogle Chromeを使用し日本語翻訳機能に頼りましょう!)

予約料は別途 2€ かかります。

合計 14€ となり

 

入場料:1900円(予約料込)

かかると思っておきましょう。

コロッセオはイタリアの首都ローマに位置する、最も人気な観光地の一つです。
並ぶ時間がかかりすぎるのはもったいないので、
必ず事前予約をし、安心してコロッセオに向かえるようにしたいですね!

【イタリア旅行の際の注意点①】

【イタリア旅行の際の注意点②】

3.120%楽しむ方法!モデルとなった映画も!

「グラディエーター」

コロッセオという闘技場で、猛獣相手に死ぬまで闘わされた剣闘士「グラディエーター」を描いた物語である。

なぜ闘わされたかというと、ただの権力者の趣味なのだ。

これを見ればかつてのコロッセオの歴史が丸わかりということだ。

是非チェックしてコロッセオ観光に臨むと120%楽しめるでしょう。

【実在したイタリア偉人女性の話】

当日の楽しみ方

コロッセオは昼間に行っても良いですが、夜に行くと更にその幻想的な建物の作りが艶やかに映し出され、良いムードが出ます。

入場せずに外を歩くだけでも楽しめますが、是非中も散策して雰囲気を味わいましょう。

男性は闘技場の雰囲気を味わえることで、必ずや興奮を覚えることでしょう!

【「ソレント」はローマからも近いよ!】

 

いかがでしょうか?コロッセオの入場料(約1900円)は高くなくて嬉しいですね!

イタリアへ旅行へ旅立つ前に

・チケットの事前購入

・映画「グラディエーター」を見る

 

ということだけは済ませておけば、コロッセオは120%楽しめるでしょう!

そしてイタリアイチの観光地の歴史に触れ、そこで生死を賭けた戦いを想像しながら当時の緊張感を味わいましょう!