旅行

【旅行】イタリアのソレント観光するなら!サンフランチェスコ大聖堂とビーチと日本ウケするお土産!

ヨーロッパ観光するとなって一番最初に出てくるのはイタリアでしょう。

イタリアはヨーロッパの、いや、古い世界の歴史や文明が根付いていて、建造物や街並が何より美しい。

今回はその中でも「ソレント」の魅力とそこに住む人柄。

そして日本人ウケするお土産について見ていこう。

【旅行の際の注意点①】

【旅行の際の注意点②】

1.ソレントの概要

 

ソレント(ソッレント、イタリア語: Sorrento、ナポリ語: Surriento)は、イタリア共和国カンパニア州ナポリ県にある、人口約1万7000人の基礎自治体(コムーネ)。ナポリからナポリ湾を挟んで南南東へ約30km、ソレント半島の北海岸に位置する都市である。

対岸にヴェスヴィオ山を望む、風光明媚なリゾート地として著名であり、ナポリ民謡(カンツォーネ)「帰れソレントへ」でもその名が知られる。またカプリ島やアマルフィ海岸(アマルフィ、ポジターノ)といった観光地、ナポリやサレルノといった大都市へのフェリーが発着する。

引用:wikipedia

 

「帰れソレントへ」という代表的な曲があるくらいの名所。

特産品にはレモンがあり、そのレモンで作られたリキュール通称リモンチェッロはあまりにも有名である。

 

イタリアと言えばミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェがはじめに思い浮かびがちだが、

観光旅行の際は是非ソレントも入れておいて欲しい。

 

ではなぜ、日本ウケするのかその魅力について見ていこう!

【イタリア人は寄り道こそ人生!】

2.人柄と日本人に人気な理由!

 

ソレントのお人柄とは?

まずはこちらの記事を見て欲しい!

イタリア国内において、北に行く程真面目で勤勉なお人柄であり、南に行けば行く程自由気ままで「よりイタリアな」お人柄である。

地図上でいうとイタリア国内でローマを真ん中としたときに、ソレントは南に位置するのだ。

であるが故に、ソレントはよりミラノやヴェネツィアなどに比べそのイタリアという「お人柄」を楽しむという点においては良い観光名所であろう。

心して行くように!

【イタリア人は芸能動向に興味ない?】

人気な理由

 

買物、食事、景色や街並すべて楽しむことができる。

 

買物においてはお土産屋さんも沢山あり、歩きながらその街並を楽しむことができる。

それにソレントはナポリ湾という海にも面していてオーシャンビューも楽しむことができる。

こんな感じだ。すごくきれいで歩いているだけで楽しい!

帰れなくなるかもよ?

【イタリアの偉人の歴史についてもみておこう!】

3.日本人ウケのお土産はこれを抑えとこう!

リモンチェッロ

レモンのリキュールである。

お菓子つくりにも大活躍である。

 

お菓子つくりが趣味の友人に是非買って帰りたい!

革製品

手作りものが多い。

日本にも革製品ものの店が多いが、手作りものが多い。

店によってそのデザインやコンセプトが違う。

ソレントというイタリアの南の地の人柄が織りなす、手作り商品。

イタリア国内においてもイタリアらしい革製品が存分に味わえるので、お土産としては喜ばれること間違いなし!

「写真」というお土産

絶景が撮れることは間違いない!

例えばこんな感じ。

どう?すごいでしょ?

 

是非いいカメラを持って、その絵をカメラに納めて日本に持って帰って欲しい。

【脱税?堕落まではしてはいけない話】

いかがでしょうか?
ソレントという名前はあまり聞かれないかもしれないが、イタリアの魅力が一杯詰まった最高の観光名所なのだ!

そして南の地ということもあり「イタリアらしい」お人柄も存分に味わえるのである。

そして夜はレモンのリキュールで乾杯だ!

 

ソレントに行くと、その魅力に取り憑かれて帰れなくなるかもよ?

 

是非に一度訪れて見て欲しい!