旅行

英雄ナポレオンに見るフランスとイタリアの人柄の違い!両方旅行に行くときはこれだけには本当に注意して!

イタリアといえばヨーロッパの国である。いうまでもない。

今までは日本との人柄の違いについて主に言及して来たが、じゃあヨーロッパ同士ではどのくらい違うのか?

今回はフランスと比較してみようと思う。

⇒イタリア人の脳の傾向を見よう!

1.フランスの英雄ナポレオン

 

フランスはイタリアの北東部に位置している。

フランスも世界の歴史を語る上では外せない国であり、偉人も多く輩出している。

 

ナポレオン・ボナパルト

 

1800年代のフランスの革命期に活躍した軍人でもあり、政治家である。

1日に三時間しか寝なかったという伝説があったりと、

フランスの偉人と言えば、このナポレオンが一番有名ではないだろうか?

 

「我輩の辞書に不可能という文字はない。」

「お前がいつの日か出会う禍は、お前がおろそかにしたある時間の報いだ。」

「生きたいと思わねばならない。 そして、死ぬことを知らねばならない。」

「最も大きな危険は勝利の瞬間にある。」

 

男なら誰もが憧れるフランス歴史上の英雄。

 

ストイックで強気な姿勢が、民衆を惹き付けたのだった。

 

【イタリア人の成功方法がすごい!】

2.フランスは無慈悲な国?

 

イタリアは、良くも悪くもその「瞬間の自分」にし忠実に行動を選択する資質がある。

 

一方、ナポレオンの例に見てもらうと、反対に見受けられるのではないだろうか?

現代に暮らすフランス民は、ナポレオンに憧れている。

ゆえに、国民はナポレオンの行動特性を見習おうとする。そういうお人柄が多いのである。

 

フランスの人柄の傾向

  • ストイック
  • ルールに忠実
  • ドライ  ※勿論例外はある!

 

これは例えば車の運転に如実に現れる。

 

ここに、一方通行の道があったとする。

 

フランスであれば、当然

「この一方通行を逆走して出てくる車はいないだろう」

と考える。ていうかそんなこと当然すぎて考えもしない。

そしてアクセルを緩めることもなく(当たり前だが)、その道をそのまま横目に素通りする。

 

しかし、イタリアではこうはいかない。

なんと、その一方通行の道から時にそこから車が出てくるのである。

【イタリアの治安の悪さには注意して】

3.【仏と伊】両方旅行に行く際はとにかく注意!

 

フランスというお人柄であれば、これは許されたものではない。

結構怒るだろう。

 

しかしイタリアでは日常茶飯事(こわい)である。

 

だから、そのような車が出て来ても当然のように対処する。

「まあそういう車もいるだろう」と。

 

フランスとイタリア、お隣同士と言えど、本当に真逆のお人柄である。

 

両方旅行に行くときは本当に注意して欲しい。

イタリアの場合は車が交通ルールを守らないのだ。

ある意味命に関わってくる危険性がある。

 

フランスの場合は日本にどちらかといえば近いかもしれない。

フランスは

ルールに忠実でストイックこそ良いとされるお人柄。

ルールを守れないやつは、冷ややかな目で見られる。

【ルールを守らなくても許される】

いかがでしょうか。

やはり日本との人柄の違いというギャップを感じたいなら、フランスではなくイタリアをおすすめする。そしてフランスも人気の観光地であり、ヨーロッパ旅行の際はイタリアもフランスもどちらも行かれる人が多いのではないだろうか?

そのときに国境を跨ぐ際「頭のチャンネル」は確実に切り替えていて欲しい。