仕事

【イタリア流ピンチはチャンス?】楽しみを見つける力はが高い人柄を身につけるコツ!日本人は堅苦しすぎる。

イタリア人は日本に比べ、楽観的に物事を考える。

そのお人柄というものは、ピンチの時に非常に顕著に現れる。

日本人はピンチにも真正面から対応し、最悪の事態を想定する。

そのときの感情というと、とーってもネガティブになっているのではないだろうか。

今回はそんな日本人に送る、イタリア流のピンチを楽しめる「お人柄」身につけるコツを伝授する!

【イタリア人男性の素晴らしさについて語る】

1.日本人のピンチへの対処法

 

日本人は、イタリアなどの欧米人と違い、本当に真面目なお人柄である。

真面目に生きることこそ美徳とされ、良くも悪くも「綺麗に」生きようとする。

 

例えば、ビジネスの場において、はたまたプライベートの場において遅刻は絶対絶対御法度である。

【イタリア人の素晴らしき遅刻グセとは?】

 

そして「問題が起きた際に真正面から対峙すること」は、この上なく「カッコいい」とされている。

それは、誰もが嫌だ、逃げ出したいと感じているからだ。

実際そのような行動特性が身に付いている人に成功者が多いのも事実である。

 

遅刻をしない、ルールを守ること、悪口を言わないこと。

これらすべて「しんどいけど、それを理性で抑えて実行する人」が日本ではカッコいいとされている。

【イタリア人は嫌な宿題はゴミ箱へぽい!】

2.イタリアのしぶとさはこんなところにも?

 

日本人はピンチに対しても「武士」のごとく向き合うお人柄なのだ(そりゃあ勿論人によるが)。

 

イタリアに比べ日本は、より理性的であると言えるだろう。

 

イタリア人は自由奔放でもあるし、とにかく「しぶといお人柄」である。

それは、もちろん目標を達成させることに対してもそうだ。

だからこそ、イタリアは成功している国であるといえる。

 

そのしぶとさというのが、実は「ピンチ」の際にも顕著に現れる。

 

普通ピンチの時というのは「どうしよう、ツライ。」となり深刻になる。

 

しかしイタリア人はピンチの中でも「楽しむこと」、そのことに対して「しぶとい」のである。

 

どんな状況に置かれようとも、目の前の現実を楽しむことが優先される。

【今が全て!なイタリア人の休日の過ごし方!】

3.一回切りの人生楽しんだもんがち!

 

イタリア人はきっと、家が倒壊しても仲間達と一緒に「乾杯」しているだろう。

 

「スパゲッティ・ハウス」という、戦後あたりのイタリアを描いた映画がある。

スパゲッティの店員さんが主人公での物語。

ある日、スパゲッティハウスが強盗に襲われ、働く人たちは人質として囚われの身となる。

水も尽き、食料も少なくなってきた。

いつ外に出られるか。下手すれば死ぬかもしれない。

 

しかし、彼らは腐ってもイタリア人。

乾燥スパゲッティを茹でずにポリポリ食べ、

 

「美味しい!あなたも食べて!」

「ほんとだ!美味しい!なんで今までこれを食べなかったのだろう?」

「なぜだか分かる?」

「分からない。なぜなんだい?」

「それはね、茹でた方が美味しいからに決まっているじゃない!

「そうだね!ハッハッハー!!」

【幸せになりたきゃイタリア男性と付き合え!】

 

いかがであろうか?

最後の描写は、本当に人質の言動であろうかと、日本人の我々には信じきれない。

しかし、こんな根っから明るい人柄の人が、ひとりでもいればそのコミュニティは明るくなりそうだ。

我々日本人はこのイタリアの「ピンチ力」というお人柄を身につけるべきであろう。

 

なぜか?って。もう皆さんも分かって来ただろう?

 

その方が人生が、今瞬間が楽しくなるからだ!