遊び

【寄り道こそが人生】イタリア流、休日に過ごし方。思いつきこそが休みの日を充実させることを日本にも教えてください!

イタリアの自由っぷりは西洋でも群を抜いている。むしろ近隣国のドイツは少し日本に近く、勤勉な人柄を性質を持っている。

⇒【公私混同?】イタリアは仕事とプライベートは全く分けないの?この人柄の違いから日本は学ぶべき!

さて、今回はそんな自由人の国のイタリアと日本の休日の過ごし方からその違いについて見ていくことにする。

1.一般的なイタリアの休日の始まり方とは?

夜19時に立食パーティという予定が入っている。
それにルームシェアをしている友達と2人で出席することになった。

会場までは、車で約2時間。

ということは、家を出る時間は13時頃。(13時頃?)

え?なんで?車で2時間で着くのだったら17時頃でいいんじゃないの?

いやいやいや、イタリアのことを分かっていない。

13時頃に出る理由、それは

適当なのだ!

適当に「13時に出ようぜ!」となる。
13時に出たら会場へはおそらく15時頃に到着するくらいの計算だろう。
そんなに早くついて何をするのだ?

結論から言うと、このイタリア人の2人組は会場へおそらく
19時40分くらいに会場に着く。

え、なんで?

ここにも、日本人の我々には分からない人柄の違いが見て取れるはずだ。

⇒【遅刻グセ?】時間の捉え方から見るイタリ時間通りに来ないのアと日本との人柄の違い。イタリア人がには明確な理由がある!

2.寄り道こそが人生!イタリアはそんな人柄なんです!

目的地に行くまでに寄り道をするのだ!

その寄り道の仕方はこうだ。
仲が良い二人組であれば、ああだこうだ喋りながら旅を進めていく。
その会話で出て来た場所などに

「お、それいいじゃん!」

という感じで完全なるノリで訪れていく。

そして、そこでの会話は

「19時会場に行かなきゃいけないから、ここはササッと済ませよう」

である。

尚、この「ササッ」が実現された試しはない。
寄り道したその先で120%、そのことを楽しむ。
満足しつくして、さあ向かうかと。

「あ!次はあそこいこうぜ!」

またそこで120%楽しみ尽くす。

そうこうしているうちに、タイムリミットが迫って来た。
ハッキリ言って間に合わない。

ここからが、イタリアという人柄の本領発揮。
凄まじい程の集中力で目的地までまっしぐら。
その凄まじい程の執念は、F1レーサーのようなドライビングテクニックを実現させる。

⇒【成功する理由】イタリア流の目標達成法!日本人も今一度見習わなければならないその考え方とは?

3.いつもと違う一日を!日本人も一度こんな感じで休日を過ごそう!

さあ、このイタリアの2人組はどうなったと思うであろうか?

もちろん大遅刻だ。
到着した時間はパーティ開始時間の19時を大幅に越えた19時40分頃。

しかし!である。忘れてはならないのは、
そのパーティ出席者も「イタリア人」なのだ!

ということは、そこに出席してくる人たちも同じ時間、もしくは20時に来る人もいる。
故に、遅刻にすらなっていなく間に合っているのである。

さて、ここでイタリア人は寄り道をしすぎた。

そこで思いつきの行動で知らなかった土地や人と出会えた。
これこそが、一日のメインの楽しみであり、人生の財産なのである。
寄り道しないとそのような新しい物には出会えず、こうして一日が輝くのである。

日本人も是非、見習いたい部分である。

 

日本人は計画を立ててそれを遂行することで、一日を充実させようとする。
しかも中々のクオリティで。
日々の仕事も勤勉にやり遂げ、休日まで勤勉に過ごさなくたって良いじゃない!
たまには肩肘張らず、思いつきで寄り道を繰り返すイタリア的な休日の過ごしてみよう!

そこでの新しい出会い、発見が、あなたの人生を変えるかもしれないのだから。