恋愛

【女性への告白法】イタリア人は断られても気にしない?自分の気持ちを曝け出せない全ての日本人へこの人柄の違いを届けよう!

一般的に欧米人の方が日本に比べると、男性が女性に対してより積極的な人柄である。
街中でも気軽に女性に声をかけ、断られても紳士的に対応する。
日本の男性は、街中で声をかける人は少ない。

一体イタリアと日本の間にどのような違いがあるというのだ?

1.イタリアと日本、恋愛においての基本的な考え方の違い

日本人男性は女性へ接する際、失敗することを極度に恐れる。なぜなら、失敗するのが怖いからだ。失敗することの何が怖いのか?それはズバリ「周りの目」である。
周りからどう思われているか、それを気にしすぎるがあまり、思い通りの行動ができないときがある。
であるから、日本では他人の目を気にせず行動できるものが好きな女性はおろか全てを手に入れることができる!

一方イタリアの考えはこうだ!

この記事を見ていない人は先にこちらを読んでから以下に進んで欲しい!⇒【勇気】迷える人へ!一歩踏み出す勇気はイタリアのこの人柄から学べ!日本が学ぶべき「リスク」に対する考え方の違いとは?

イタリアの「失敗しても失う物は何も無い」という考え方と、「自分も自由に生き、他人の行動にも寛容」という人柄が、恋愛においても非常に威力を発揮する!

2.当たって砕けろ!イタリア流告白法!

女性に対して、少しでもいいな〜と思ったらまず告白。
そしてダメなら次、違う女性へすぐ挑戦する。
そしてダメなら次!
どこまでもシンプルである。

七転び八起きという諺がある。
意味は、何度失敗しても立ち上がれ!というもの。

イタリア人も失敗はする。客観的にみるとそれは可哀想と写るかもしれない。
しかしイタリア人は自分が「転んだ」ことに気付いていない。
だから、痛くも痒くもないのだ。

そして男性がこのスタンスで恋愛に臨むことには、女性に対しても非常にメリットがある。
恋愛において、女性は「受け身」であることが多い。だから、男性から言い寄られた場合「この人でいいかな〜?」と妥協する場合もある。
しかし、イタリアの男性の人柄がなす「当たって砕けろ」精神があれば、女性は男性に対して妥協せず、本当に良いと思った男性だけを選ぶことができる。
目の前の男性を断ったとしても、またすぐに他の男性からのアプローチがあると信じているからだ。

3.日本がその人柄から見習うべき本当のポイントとは?

イタリア流告白法、恋愛術というのは男性にはおろか女性に対しても非常に有意性があることが分かった。

日本はこのイタリアの人柄から、どのようにしてその違いの「うまみ」を享受しようか?

ズバリ学ぶべき点は「断られたときのメンタルの保ち方である」

人は何かに挑戦するときに、失敗する確率の方が高いという事実がある。
失敗して当然なのだ。

そして、そのときの失敗の定義をイタリアのように変えてしまおう。
イタリアで活躍した日本人、本田圭佑の言葉である。

「失敗は、その方法ではダメだということが分かった成功である。」

要するに挑戦できた時点で成功であるし、その結果がどうなろうと「成功」なのである。
だから恐れることは何も無い。

イタリア流恋愛術の【告白編】はいかがであっただろうか?
イタリアをはじめ欧米にはこのような考え方があるから、男性は積極的に(紳士さを忘れないことも素晴らしい!)女性に対してアプローチをする。欧米人は性に奔放と言われるがそうではない。どこまでも自分に正直なだけだ。

日本の男性はこの人柄の違いから「失敗を稼ぎにいくイメージで女性に対しても積極的にアプローチしていく大切さ」を学ぼう!
そしていつか、イタリアのように失敗しても「失敗したこと自体に気付いていない」というメンタリティーを身につけよう!