生活

【今しかない!】未来を恐れずノーストレス!イタリア式「今が良ければ全て良い!」の全て!日本人が取り入れるコツとは!?

イタリアの幸福度指数の高さは世界的に見ても有名だ。日本に住む我々はイタリアのその人柄に触れる度「こんな風に生きていいんだ!」と勇気づけられるだろう。
⇒そんなことあり?イタリアの人柄は「資本主義」にだって縛られない自由人!それでも一流メーカーを輩出する本当の理由とは?

今回は未来など知らず、「今」にしか興味が無いイタリアの人柄から日本人が学ぶべきことについて触れる。

1.日本人の未来からの逆算スキルは素晴らしい!…が!

日本人は心配性な人が多く、現実主義者が多い。
「こんなことが起きたときの為に…」「明日のプレゼンが…」と、
今の目の前の現実よりも未来に目を向けがちである。
イタリアをはじめ海外の人から見ると、一見疲れそうな生き方ではあるがこのような生き方にも良いことはある。
それは「未来において失敗確率を大幅に減らせる」ということである。
この考え方があるからこそ、「クレームにならない為に業務フローマニュアルのこの部分をこう変えてそして…」といったように思考を巡らせることができるので、トラブルを未然に防ぐことができる。サービスを受けるユーザーに対して全てを先回りで対処するのである。

これが日本のサービスの質の高さの所以であろう。

⇒【日本には一ミリも無い考え方】イタリアは仕事とプライベートは全く分けないの?この人柄の違いから日本は学ぶべき!

2.今しかない!イタリアの人柄が為せる人生の歩み方とは?

一方イタリアは、きれいなまでに正反対の思考をする。
イタリアには「過去」そして「未来」という「言葉」それ自体は存在しているであろう。
しかしイタリアにはその言葉が意味する「概念」は存在していない。

単純明快である。

「今」が良ければ全て良いのだ!

なんとイタリアらしい人柄の特徴であろう。

例えば、自動車の駐車を例にすると分かりやすい。
日本ではバックで駐車することが多い。
そのほうが出庫しやすいからである。

ご想像の通り、イタリア人は前進駐車を行う。
出庫するときは、またそのとき考えれば良いのであるし、実際日本においてもそれで何の問題もない。

イタリアには「今」しか存在していない!
まさにマインドフルネス!

「今」にしか興味が無いイタリア流成功術⇒イタリア人が成功することには理由があった?日本人も今一度見習わなければならないその考え方とは?

3.日本はもっと今に集中して良いのでは?イタリア流の楽観思考の取り入れる方法はこれだ!

イタリアと日本の人柄の違いを感じられる、というか正反対である。

ここでどちらの方がストレスは減るだろうか?
いうまでもなく「イタリア」の方であろう。

バックで駐車をする日本人が前進駐車をしたとしよう。
駐車して用事を済ませている間も「前進駐車しちゃったから出すの大変だな、どうしよう…」と思いながら過ごす人が多いであろう。
いま目の前には目的のその用事しかないにも関わらず、未来に起きることに心を奪われているのである。

こんな考え方があっても良いじゃない!⇒【計画の立て方】イタリアは不測の事態にも動じない?日本との人柄の違いの決定的部分!

取り入れ方

未来に気になる事項がある場合。
それを考え始める時間を決めるのだ!
そして、その時間まではあえて全く考えない!

例えば営業職の方で1ヶ月後、大事なプレゼンがあるとする。
今から気にするのも無理はない。
そのプレゼンを作り上げるのにはだいたい2週間もあれば事足りる。
ならばそのプレゼン日から逆算して2週間前までは

「そのことは一切考えない。そのことで心配しない。」と決めるのだ。

心配するというのは心のクセでしかない。
そのクセ付けの繰り返しで、人生に置けるストレスを大幅に減らすことができる。

 

今回は「イタリア流ストレス回避法:日本版」、のような内容になったが、日本のストレス社会を乗り切るコツが満載なように思う。イタリアは何があっても恐れない。心配事が確実に起こるとしても、それが起こるときに考えれば良い。だから、今、未来について希望は持てど、心配しすぎる必要はない。それを対処する「未来の自分」にまかせろ!

今の積み重ねが人生なのだから。