仕事

【勇気】迷える人へ!一歩踏み出す勇気はイタリアのこの人柄から学べ!日本が学ぶべき「リスク」に対する考え方の違いとは?

当たって砕けろ!猪突猛進!
これが教訓として語られる国、日本。
この言葉が繰り返されるということは日本人にとって大切であるということ。

裏を返せば日本で生まれた我々のDNAにはこの考え方が圧倒的に足りないのである。

さあ、イタリアの人柄との違いから一歩踏み出す勇気を頂こうではないか!

1.イタリアの根本思想に流れるこの考え方

「別に失敗しても、失う物は何もない」

この考えが、イタリアに住む人々の血に流れている。

本当に笑いが出てしまうくらい、「恐れていないんだな〜」と思う。

例えば、私はイタリアに観光に行ったときの話である。
私の顔はどう見ても「アジア系」の顔である。
にも関わらず、イタリアという国ではイタリア人によく道を尋ねられるのだ…。
キムタクばりの「ちょまてよ」である。

そして、答えられない私に対して「オッケーありがとう」
…スタスタスタ。すぐさま次の人をみつけるなり
「すみません〜」である。

道を聞いて、「分からない」と答えられても自分には失う物は何もないという事実を彼らは知りすぎている。

⇒未来を恐れずノーストレス!イタリア式「今が良ければ全て良い!」の全て!日本人が取り入れるコツとは!?

2.これがあることでのメリットが素晴らしすぎる!

「失う物は何も無い」

この言葉を日本人である我々がインストールできれば、具体的にどのようなメリットがあるかを見ていこう?

機会損失が大幅に減る

好きな子がいても、街中で美女がいても「断られるのが怖くて声かけられないよ…」ということが無くなる。あなたのことがタイプかもしれないのに。声かけられていたら手に入る確率はゼロではなくなる。

・成功確率が格段に上がる

単純に試行回数が増えるから、失敗する回数も増えるが、挑戦し続けていればいつかは成功もする。その試行を増やしていく過程の中で改善をし続けることで「洗練」させ、自ずと成功確率を上げることができる。

⇒イタリア人が成功することには理由があった?日本人も今一度見習わなければならないその考え方とは?

周りとの差を容易につけることができる

日本で生まれている限り、恐れて行動できない人が大半である。そんな中で「失敗しても失う物は何も無い」と知っているだけでもはや周りとは差がついているのである。日本人は皆不確かなことに恐れる人が多いからね。

3.日本でこの人柄を手に入れている人たち

イタリア的人柄の違いを手に入れた日本の成功者がいる。

本田圭佑

元日本代表のサッカー選手である。
初めて海外に挑戦するときに「行かないと始まらないから」と言い挑戦した。
そのとき、海外からのオファーではなく、自分から海外のクラブチームのトライアルを受けたという。その挑戦が後にイタリアの名門クラブ「ACミラン」でエースナンバー10を付け、プレーをさせた。

孫正義

ソフトバンクの創業社長である。
若くして海外に留学に行き、異例の若さで大学を卒業した。
大学入学の試験のとき、問題を解いていて時間が足りなくなった。
しかしなんと「時間を延長してくれ!」と試験監督に言ったのだ。
そしてまさかそのリクエストが通ったのだ。
それをリクエストをするという行為が失敗しても「失う物はない」

 

このイタリアの人柄を構成する考え方は、仕事、趣味、恋愛など人生の全てにおいて非常に使える考え方ではないだろうか?
恋愛であれば好きな女性をデートにだって誘えるし、仕事でも挑戦の機会に手を上げることだってできる。習ったことの無い「キックボクシング」のジムの門を叩いても良い。
見えない不安を恐れているのだ。

日本は今こそこの違いについて学ぶべきなのだ。

「失敗しても失う物はない」

是非、あなたの座右の銘に入れて欲しい。